Preferred Networksの岡野原さんのDeep Learningの見立ての振り返り記事

Preferred Networksの岡野原さんがTwitterで自身が2012年にDeep Learningについてレビューしていた記事を振り返ったと紹介していました。

ニューラルネットの逆襲

ニューラルネットワークがDeep Learningとして再び脚光を浴びてきているのを、技術的ブレークスルーの理由も踏まえて解説していて興味深いです。

「今後に」のところで述べている大きな潮流になりそうという見通しも卓見です。以下の点もこの数年でChainerやTensorflowなどのフレームワークが出現し、予測以上のトレンドとなり、環境変化の早さも感じます。

>SVMにおけるlibsvmのようなdeep learningにおける標準的なライブラリが存在しないので一般の人が手を出すことができない状況ではあります(いずれどこかが出し一般的に使える様になるのだと思いますが。例えばNLPであればsennaがあります)。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。